カテキンで体脂肪が減る!?カテキンに含まれる2つの効果

 
皆さん、自分の体脂肪率がどれくらいなのか把握していますか?

女性ならば20~29%、男性であれば10~19%が健康的であると判断できる目安となります。それ以上になると軽度の肥満と言えるかもしれません… もちろん年齢によって適性値は異なるので数値が低ければ良いというものでもないことは知っておきましょう。 体脂肪率が高い=筋肉よりも脂肪が多い、というわけですから、一刻も早く引き締めたいですよね? でも運動したり、食事制限をしたりと継続的にダイエットををするのはなかなか難しい…。 そんなあなたのために、「カテキン」をご紹介します。 効果を知れば、きっとあなたもカテキンを活用したくなること間違いなしです!

1.カテキンって何?体脂肪率低下に効果あるの?

カテキンとは皆さんご存知のように、緑茶に含まれている苦み成分のことです。 中でも「ガレート型カテキン」と呼ばれるタイプのものが、体脂肪率低下に効果を発揮してくれると言われています。 最近では茶カテキンは体に良いと謳ったCMが増えてきたように、確かに体脂肪をより効果的に減らす働きがあります。 よく知られているのは「脂肪燃焼」効果だと思いますが、実はもう一つ、カテキンには脂肪を減らしてくれる働きがあるのをご存知ですか? それが、「脂肪の吸収抑制効果」です。食事をすれば当然、脂肪を体内に取り込むことになります。その際、必要以上の吸収を防ぐ力がカテキンには備わっているのです。 この2つが備わっているからこそ、「カテキンには体脂肪を減らす力がある」と言われるのです。

2.体脂肪を減らすカテキンの脂肪の吸収抑制効果と燃焼効果

では具体的にどのように体全体に効果をもたらすのか見ていきましょう!

①脂肪の抑制効果

食事で吸収された脂肪はリパーゼ(消化酵素)によって分解されます。 では、もしこの消化酵素の働きをブロックできたらどうなると思いますか? お気づきの方も多いでしょう。脂肪が吸収されにくくなるのです! ガレート型カテキンはリパーゼの働きをブロックし、体内に入ってきた食物から分解される脂肪の量を減らし、吸収を抑制してくれるというわけです!

②脂肪燃焼効果

脂肪燃焼効果も忘れてはいけません。 「カテキンで脂肪燃焼!」なんて言葉をテレビや広告などで目にすることも多いでしょう。 カテキンを摂取することで体脂肪を分解する力や、脂肪を消費する働きを持つ酵素が活性化。その結果脂肪が燃焼しやすくなるという仕組みになっているのです。 継続的にカテキンを摂取することにより、実際にBMIや内臓脂肪量の減少が認められており、飲用することにより一日あたり約100kcal消費量が増えることも分かっています。 100kcalはごはん一杯分ほどの量になるので炭水化物を制限するよりも精神的に楽にダイエットをすることができるかもしれませんね!

3.カテキンで体脂肪を減らすにはタイミングが大切!?

食事と一緒に取れれば最大限の効果を発揮してくれます。そこでおススメしたいのが、約200mgのカテキンを含む緑茶を朝食、夕食と共に飲むことです。 実際に一日2回、朝・晩に緑茶飲料を飲むことによって約1kg体重が減少したという信憑性の高い調査結果も出ており、効果を最大限得るにはやってみる価値があるでしょう。

http://www.ocha.tv/components_and_health/benefits_greentea/catechin/bodyfat/   出典:「伊藤園 お茶百科」

もちろん、一日2回というのは継続するのが難しいですよね。 とりあえずお茶を一杯、朝もしくは夜に200mgを目安に飲んでみてはいかがでしょうか? 脂肪を燃焼させる効果を得る場合、運動前に飲むのが最適!と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 継続的にカテキンを摂取していれば脂肪の燃焼効率は次第に改善していくので、やはり継続こそ力なりということです。

まとめ

カテキンには体脂肪を減らす効果があることは理解していただけましたでしょうか? もしかしたらカテキンを飲めば勝手に体重が減るんだ!と思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、そう甘くはないですね(笑) でも、目標の体重にたどり着くまでの時間を短縮したり、より効率的に体重を減らしたりすることができるのもまた事実です。 この機会に是非カテキンで脂肪を減らして引き締まったボディーを目指しましょう!

この記事を書いた人

technical_webmaster