粉末緑茶で痩せる?ダイエットに役立つ理由と効果的な飲み方を解説

粉末緑茶には、ダイエットをサポートしてくれる成分が含まれているって、ご存知でしたか?

粉末緑茶を飲むだけで痩せるというわけではありませんが、上手に取り入れることで効率の良いダイエットにつながります。

粉末緑茶にダイエット効果はあるのか

粉末緑茶は、緑茶の抽出液を粉末化したインスタント緑茶とは違い、緑茶の茶葉をそのまま粉砕したものです。そのため、緑茶に含まれている成分を丸ごととれます。

粉末緑茶で十分にとれる、ダイエットに役立つ成分とはどのようなものなのでしょうか。

ダイエットに役立つ成分①カテキン

カテキンのに期待できる効果は以下のようなものです。

体脂肪の燃焼をサポートする

私たちの体には、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」というものがあります。

一般的に「脂肪」と呼ばれるのは白色脂肪細胞のほうで、過剰となって血液中に流れている中性脂肪や糖をエネルギーとして貯める役割をもつ、脂の貯蔵庫のようなものです。

対して褐色脂肪細胞は、脂肪を分解して熱を産み出す、脂の燃焼機能をもちます。

この褐色脂肪細胞は、寒冷刺激により活性化することが分かっています。低温の環境下では、体温維持のためにより多くの熱を産み出す必要があるためです。

寒冷刺激による温度受容体の刺激は、唐辛子のカプサイシン、そして緑茶に含まれるカテキンなどで代用が可能です(※1)。ある研究では、低代謝で太りやすい傾向のある人が、茶カテキンの継続的な摂取により脂肪燃焼量が亢進するという報告がされています。(※2)

※1 資生堂,脳腸相関,褐色脂肪細胞を専門家が解説—理学博士が褐色脂肪細胞の可能性を説く
※2 花王, 茶カテキンの、太りにくい体質に関与する「褐色脂肪組織」への作用を検証 ~低代謝のヒトの「褐色脂肪組織」を活性化して脂肪燃焼を改善~

血糖値の上昇を抑える

カテキンは、糖質の消化に関わる酵素に結合することでその働きを阻害し、腸での糖質の吸収を抑制します。すると、食後の血糖値の上昇スピードが緩やかになり、体脂肪がつきにくくなるのです。

食事をして血糖値が急上昇すると、血液中の余分な糖を脂肪に変えるインスリンを過剰に分泌させてしまい、その結果体脂肪が蓄えられやすい状態になります。

食前には緑茶を飲み、血糖値の上昇スピードを抑えるのがおすすめです。

ダイエットに役立つ成分②カフェイン

脂肪細胞がエネルギーとして使われるためには、遊離脂肪酸の形で血液中に存在する必要があります。そして、カフェインの摂取により、脂肪細胞に蓄積された遊離脂肪酸の、血液中への放出量が増加することが分かっています(※3)。

このタイミングで運動をすれば、体脂肪がエネルギー源として優先的に使われるため、ダイエットのサポートが期待できるのです。

カフェインの摂取のみで体重が減少するわけではなく、運動と組み合わせることで効果が期待できます。

カフェインが体内に吸収される時間を見越して、運動のおよそ1時間前に緑茶を飲むとよいでしょう。

※3 「カフェインを含む嗜好品飲用後の血中遊離脂肪酸の動態」,岡田章他

ダイエットに役立つ成分③テアニン

緑茶に含まれるアミノ酸の一種テアニンは、緑茶の旨味や甘味に関与する成分です。テアニンには、興奮を鎮めて緊張を和らげる、リラックス効果があるとされています。

ダイエット中は多かれ少なかれストレスが溜まるものです。緑茶を取り入れることで、ダイエット中のイライラ軽減に役立ちます。

ダイエットに粉末緑茶を活用するメリットとは?

粉末緑茶とは、一般的によく飲まれている普通の緑茶を茶葉ごと粉末にしたものです。

緑茶の抽出液からつくられたインスタント緑茶とは根本的に異なり、インスタント緑茶が完全に溶けるのに対し、粉末緑茶は茶葉そのものを粉砕したものなので、溶けません。

普通の緑茶ももちろんダイエットに役立ちますが、粉末緑茶にはよりダイエット向きなポイントがあります。

緑茶の栄養素を丸ごと摂取できる

緑茶を淹れた後の茶殻には、カテキンをはじめとする有効成分がたっぷり残っています。

緑茶を急須で淹れると、茶葉に含まれているカテキンのおよそ30%程度しか抽出されません。

茶葉をそのまま粉末にした粉末緑茶なら、茶葉に含まれる栄養素を丸ごと摂取できます。脂肪燃焼効果が期待できるカテキンを100%摂取できる粉末緑茶は、緑茶のダイエット効果を最大限に引き出してくれる飲み物です。

手軽に飲むことができる

粉末緑茶は、お湯を入れて混ぜればさっと溶け、そのまま飲めます。急須などの道具が要らず、お湯さえあればいつでも飲めるのでとても手軽で、抽出後の茶葉を処理する必要もありません。

ダイエットは継続することが大切なので、「手間がかからない」のは魅力のひとつですね。

粉末緑茶のダイエットに効果的な飲み方

ダイエット中に粉末緑茶を飲む上で、押さえておきたいポイントをご紹介します。

一日の粉末緑茶摂取量の目安

カテキンを1日540mg以上、継続的に摂取することで、脂肪燃焼に効果が期待できるという報告があります(※4)。これは、湯呑10杯程度相当です。

これ以上の摂取はカフェインの過剰摂取になり、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

どんなに健康効果がある食品でも、摂り過ぎれば逆効果になるということを頭に入れておきましょう。

※4 花王,茶カテキンの有効濃度

粉末緑茶を飲むタイミング

緑茶には、ダイエットに効果的な飲むタイミングがあります。

①運動する30分~1時間前

カフェインの効果により、体脂肪が効率よくエネルギー源として使われます。

②食前

温かい飲み物が胃に入ることで空腹感が和らぎ、食べ過ぎの予防になります。また、カフェインの効果により、血糖値の急上昇を抑制し、体脂肪がつきにくくなります。

 粉末緑茶をダイエットサポートに活用しよう

緑茶には、カテキンやカフェインといったダイエットに役立つ成分が豊富に含まれています。

上手に生活に取り入れることで、スムーズなダイエットをサポートしてくれますよ。

ぜひ効果的に粉末緑茶を活用し、緑茶の成分を体内に取り入れましょう。

この記事を書いた人

technical_webmaster